いっそ家を建て直すのもアリ?新築の収納アイデア

もし注文住宅などを新築購入する際には、収納を重視しながら住まいづくりをするのも良いかもしれません。あるいは新築住宅ではなくとも、リフォームやリノベーションをする時も同様で、住まいを大きく変化させる際には便利な収納を作れるビッグチャンスと言えます。

人気の設備としてはウォークインクローゼットが挙げられますが、昨今の新築住宅でも採用されるケースが増えています。ウォークインクローゼットは歩いて入れるほどのスペースが設けられた収納場所で、洋服など余裕をもって片付けておくことが可能です。パイプハンガーや備え付けの棚などもゆとりをもって配置されているため、まるでショップの陳列棚のようにきれいに片付けておくことができます。

壁面収納も人気がある設備で、例えば大量の本を片付けたい時に最適です。本棚を設置するとそれ自体が邪魔になりがちですが、壁面収納なら壁と一体になっていることで生活スペースを圧迫する心配がありません。そして壁一面を収納場所に使うことができるため、本はもちろん、日用品なども沢山しまっておくことが可能です。

屋外物置を設置するのもおすすめと言えるでしょう。外にも物を置ける場所があれば、容量分だけ室内から荷物を減らすことができますので、家の中にあまり物を置きたくない時に打って付けです。サイズも幅広いバリエーションがあるため、大型の屋外物置を用意すれば大容量で沢山の荷物を室外にしまっておけます。

キッチンまわりを便利に使いたい人からは、アイランドキッチンが人気です。壁に備え付けるタイプの一般的なキッチンと違って、設備を独立させて設置しますので、広くスペースを使うことが可能です。アイランドキッチンの設備自体にも沢山の収納があるため、調理道具なども余裕をもってしまうことができるほか、キッチンスペースにゆとりがある分、収納棚なども置きやすくなるでしょう。

その他にも収納スペースを拡大するアイデアは色々あり、例えば階段下に収納を作る方法があります。デッドスペースになりやすい階段下も、大容量のスペースを与えれば沢山の道具を入れておける便利な場所へと変身します。収納スペース自体を設置するプランもひとつで、キッチンパントリーがそのひとつです。食品庫を設ける家づくりは昨今のトレンドであり、食品などのストックを沢山しまっておくことが可能です。狭くなりがちなキッチンを広く使うことができ、まとめて収納ができることで視認性も良くなります。