使わなくなった物置を処分したい・・・どんな方法がある?

不要になった物置の処分の仕方としては、リサイクルショップに買取をしてもらうのが選択肢のひとつです。サイズによっては買取対象外になることもあるため、対応してくれるところを探す必要がありますが、買取をしてもらえば費用を掛けることなく処分することができます。物置の買取をやっているところは引き取りにも対応していることが多く、撤去作業も任せられ簡単です。

リサイクルショップでは売れない場合、物置専門会社に相談をするのもおすすめと言えます。物置の新品販売を行っているところは中古の引き取りにも対応していることがあり、こうした専門ショップによる業者買取なら様々なタイプの物置を引き取ってもらえるはずです。他では売れない大型サイズでも対応してくれることもあるため、例えばリサイクルショップではサイズを理由に断られてしまった時にも、業者買取を検討してみる価値があります。

処分方法としては、自力解体をするのもひとつの手と言えるでしょう。物置にもよるのですが、シンプルな構造でDIYにより簡単に解体できる物も多いです。分解をしてコンパクトにすれば粗大ごみに出して処分できる可能性があります。解体にあたり工具も必要となりますが、家庭にある工具でも対応できることが多いです。予め接合部分を確認の上、特殊な工具が必要にならないか確認をしておくと安心と言えます。

ただ自力解体をする場合のデメリットもあり、まず手順に沿って適切に作業を行わないと倒壊をするなどのリスクがあることです。特に大型サイズで重量がある物ですと、倒れてきた時に危険があるため、一人で無理に行わずに複数人で作業に当たった方が安心です。

解体をした後の処分についても注意点があって、自分で粗大ごみを利用して捨てる場合ですと費用が掛かります。また、粗大ごみに出せるかどうかは自治体のルールによって異なりますので注意しましょう。エリアによって出せる物と出せない物が決まっているため、もしかしたらサイズが大きいなどの理由で回収不可となる可能性があります。その場合は回収サービスなどに依頼をしなければいけないことがありますが、それによって費用が高く付くことも考えられます。

処分方法にはこうした選択肢がありますが、基本的には買取を中心に考えた方がお手軽です。したがってまずはリサイクルショップなり業者買取なりに相談をして、引き取ってもらえるようなら回収依頼をするのが良いかもしれません。もしボロボロの状態などで売れないようなら、その時は自力解体による処分を検討してみるのが良いでしょう。